乳酸菌と酵素をバランス良く取り入れると目覚めが良くなります

乳酸菌は腸内を弱酸性にしていく働きがあるので弱ってきた内蔵を活発にしていきます。
便秘しがちなときは乳酸菌を多く取り入れることで蠕動運動が起きてくるので定期的に便が排出されるようになります
酵素は吸収を助ける働きがあるので新陳代謝をして古い毒素を体外に出してくれます。
運動を行うことで新陳代謝になりますが年齢とともに代謝の働きも弱ってきます。
酵素を体内に取り入れることで若かったころのように代謝も行われてくるので肌もきれいになってきます。
酵素と乳酸はどちらも必要なのでバランス良く取り入れることが大切です。
できることなら同時に摂取することで相乗効果が得られるので今まで以上に健康な体にしていけます。
若かった頃は意識しなくても体内で毒素を排出していましたが、加齢とともに働きも弱ってくるので内蔵も思うように動かなくなります。
便秘もしやすくなってくるので乳酸菌と酵素は毎日取り続けることが大事です。
乳酸菌は夜寝る前の2時間前くらいに食べると朝起きたときにトイレに行きやすくなります。
酵素もそのときに取り入れることで寝ている間に新陳代謝を行ってくれるので、朝起きたときに布団からなかなか出られないといったことはなくなり目覚めもすっきりします。