糖質をターゲットとする酵素の応用

糖質をターゲットとして分解を行うのは消化酵素が担う機能として広く知られているものであり、その糖質の種類に応じて様々なものが知られています。
最も有名なものがデンプンを分解してブドウ糖にすることができるアミラーゼであり、唾液や膵液などに含まれていてデンプンを含む食品の消化吸収に大きな影響を与えています。
そういった特性を有することから、アミラーゼは消化を促すことができる薬にも配合されるようになっており、薬局で購入できる一般用医薬品の成分としても活用されているものです。
一方、糖質にも様々な種類があり、二糖と呼ばれる糖が二つ結合した物質を糖に分解して吸収できるようにすることができるα-グルコシダーゼと呼ばれる酵素も知られています。
α-グルコシダーゼは小腸に多く存在していて消化を担っていますが、医薬品のターゲットとしても注目されて実際に医薬品が開発されているのが現状です。
糖尿病においては糖が急激に吸収されてしまって血糖値が上昇してしまうことが問題になるため、α-グルコシダーゼの機能を阻害することによって二糖の分解を抑制し、急激な血糖値の上昇を抑制するという治療が行われています。
こういった形で酵素は医薬品のターゲットとして応用されているのです。